• お問い合わせ
  • 076-461-3036

女性の冷え性相談専門の漢方薬房

「冷えにくい体質」になりたいあなたへ 漢方で ”温め” ”巡らせ” ”保つ”体づくりをサポートします。

お問い合わせはこちら

女性の冷え性相談
専門の漢方薬房

根深い冷えにも内面から整えることで成果を上げています。
皆様のご来店、ご相談を心よりお待ちしております。

「冷え」は、万病のもと
~“冷える”“手足が冷たい”が口癖に
なっていませんか?~

こんなお悩みはございませんか?
  • めまいや頭痛、むくみなど全身のだるさを感じる
  • 妊娠しづらい
  • 生理痛がひどく痛み止めが手放せない
  • 風邪を引きやすく、抵抗力が落ちてきた
  • 手足が冷たく外出がおっくう
  • どんよりくすみがち
  • お腹が冷え、お通じも不安定
次へ

年齢とともに「冷えによるお悩み」も
重ねていませんか?

年齢とともに「冷えによるお悩み」も重ねていませんか?

このような不調にも
冷えを訴える人が多いのです

  • 頭痛
  • 生理痛
  • 疲労
  • 腰痛
  • 生理不順
  • 不眠
  • 手先、指先の痛みやしびれ
  • 子宮筋腫
  • 不安感
  • 下痢
  • 子宮内膜症
  • 怒りっぽい
  • むくみ
  • 食欲不振
  • 憂うつになる
  • 頻尿
  • 立ちくらみ、めまい
  • 情緒不安定

女性の健康を左右する
「冷え」の原因

温熱を生み出す「代謝」、隅々まで運び届ける「循環」、温かさをキープする「神経」がバランスよく働くことが大切です。
月経周期やホルモンバランスの変動がある女性は、血液や筋力も少ない傾向にあり、どうしても“冷えやすい条件”がベースにあり、忙しさなどで食事や生活が乱れたり、疲労やストレスが溜まったりして、気がつくと心身が停滞してしまいがちになるのです。

次へ

Not sick

「冷え性」は、漢方では
「未病」ととらえます

  • 「未病」の経験ありませんか?

    不調が続き「どこか悪いのでは?」と心配になって病院で検査を受けてみたけれど異常が見つからない、または、病気になる手前の段階で経過観察など、病気でなくてよかったけれど体調不良は解消するわけではない・・・「冷え性」はまさに「未病」の代表といえます。

  • 漢方による冷えへのアプローチ

    有用性の高い成分を漢方理論により組み合わせることで、内面からの体質改善をめざしています。

    • 補血作用
      =「血」を補う

      体をあたためる主体となる血の不足、貧血傾向などに効果的

    • 疏泄作用
      =「気」「血」のめぐりを整える

      循環を妨げる気血の滞り、痛みや末端の冷えに効果的

    • 補気作用
      =「気」を補う

      代謝が低く、循環に勢いがない、元気不足に効果的

漢方では、巡りの良い冷えにくい体質だと、六臓六腑それぞれの働きもスムーズになり、互いに関係しあいながら、健康を維持するとされています。

漢方では、巡りの良い冷えにくい体質だと、
六臓六腑それぞれの働きもスムーズになり、
互いに関係しあいながら、健康を維持するとされています。

「冷え性」の体質改善は、
漢方の得意分野です

「冷え性」の体質改善は、漢方の得意分野です

古来より、冷え性にはタイプ別にアプローチするさまざまな漢方処方があります。
漢方薬房こうのとりでは、その訓えを応用して、現代女性のライフスタイルによる冷えの特性と根深い冷えまで対応できる新たな配合をすることで成果をあげています。

pagetop